住宅ローンの仕組み

一生に一度の大きな買い物と言われる住宅。何千万円とするので、一般人には到底一括で購入できません。そこで発生するのが住宅ローンです。ローンを組むことにより発生する金利。この金利が曲者で、長期間のローンを組めむほどに払う金利がかさんでしまいます。家の購入となると、30年~35年ローンが平均といったところですので、毎月に支払う金利も結構な額になります。
住宅ローンの仕組みですが、住宅を購入する際に一括で支払え場合に起こることで、主には金融機関などからお金を借り入れて住宅を購入。そして借りた翌月から支払いをしていくのが通常の流れです。住宅にあてたお金は借り入れたのですがから当然返済をしてかなければいけません。返済方法は、元利均等返済と元金均等返済の2通りの方法があります。前者の支払い方法は、返済期間中の毎月の返済額は同じで、その中での割合を利息と元金で変わっていきます。元金は住宅購入でかかっている費用です。

後者の支払い方法は、返済期間中の毎月の元金金額が同じです。そこに利息がプラスされます。ですので、毎月の金額は、利息によって変動されます。10万円支払う月もあれば、12万円、7万円もの時もあるわけです。
加えて、毎月払いと毎月・ボーナス併用払いがあります。会社員の場合、ボーナス月がありここで所得があがりますので、あわせてローン分を支払うことができます。

毎月払いに比べると、ローン期間が短くなりますし、ある時に多めに支払うわけなので、所持金が少ない場合など安心の材料になります。
このように当サイトでは住宅ローンの金利について解説いたします。
◎住宅ローンの最新の金利を更新しています
住宅ローン金利

Copyright © 2014 住宅ローンの金利を知ろう All Rights Reserved.